3月25日 意見の方程式

意見の方程式

「自分の意見」の方程式という本を読みました。(出版:角川文庫、著者:西岡壱誠)

 

いい意見とは、事実 + 問題 + 自分 + 提案 で構成されているそうです。

 

例えば、

 

「日本の少子高齢化は問題だ」

 

ではなく、

 

「日本は外国に比べて高齢化が進み、財政を圧迫している(事実)

 これはどんどん深刻化していく(問題)

 私はこれからの日本を考えると(自分)

 もっと子供を産みやすい国にする政策が必要だと思う(提案)」

 

にする。これがいい意見だそうです。

 

いや、書いていて思ったんですが、なんだかややこしいですね。

 

普段意識してないです。会話にはその間があるし、長く話すとノリが悪くなりますから。

 

著者によると、主観的であることを突っ込まれても大丈夫なように、「大切なもの」を考えておくことが必要だそうです。

 

意見には注意しないと仮説の何を切り捨て、何を残すか考えているうちに、結局何も残らないという残酷な側面があるっていうことですね。

 

で、これでは全く意見になってないですね。

 

難しいってことがよくわかりました。